webでお手軽にできるリサイクルの方法

この記事をシェアする
B!

なにをするにしても便利なweb

リサイクルとリユースの違い

リサイクルは、そのままだと廃棄物とされるものを回収、なにか違うものの原材料やエネルギー源として再生、再資源化し、有効利用することです。
リサイクルされる資源の再生の際、それらは粉砕されたり溶解され、それからもう一度同じ製品が製造されたり、まったく違う製品へ生まれ変わらせたりされます。
リユースは、一度使われた製品やその部品等をそのままの形で何度も繰り返し使用することです。
ビールびんや牛乳びんを洗浄して消毒の上何度も使用することはリユースと言えます。
また、回収された物を修理、補修、点検し、再び製品や部品として再使用する場合もリユースに当てはまります。
こうして考えると案外身近なところで、リサイクルの良い循環が生まれていることがわかります。

3R活動とは

3R(スリーアール)は、Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)の頭文字をとった総称です。
あまり耳慣れないリデュースという言葉は、製品作成時の資源の量や廃棄物等含め、ごみの量そのものをできるだけ減らすことです。
購入しようとしている物が本当に必要なのかとよく考えることは、リデュースの第一歩です。
無駄なものは買わないことや、何度でも繰り返して長く使えるものを選んで買うこともできます。
先に考えたふたつのR、リサイクルとリユースを合わせると、3Rとは、環境にやさしい循環型の経済システムを構築するための基本的な考え方やとれる行動をまとめたものだと言えます。
ぜひ生活に取り入れていきたい習慣ですね。